オフィスで役立つクリアファイルのまめ知識

オフィスでレールつきクリアファイルなら冊子が作成できる

オフィスで役立つクリアファイルのまめ知識
紙が一枚のときはバラバラになることはありません。でも、複数枚あるとき、それらをまとめておかないとバラバラになることがあります。順番がバラバラになったり、何枚目かがなくなっていたりです。ページ番号が記入されていれば、後でその順番に並び替えればよいですが、なければ当初の順番はわかりませんし、どのページがなくなったのかもわからないことになります。管理をするほうも気をつけなければいけませんが、渡すほうも気をつける必要があります。

会議のときなどに、複数枚の用紙を資料として渡すことがあります。クリップで留める場合、クリップがすぐに取れますから、バラばあになりやすいです。金具で留めると、留める場所によってはめくりにくいことがあります。また、廃棄するときにいちいち金具を取るのが面倒なので、使わないように言われることがあります。このときクリアファイルを利用すると簡単にまとめることができます。少し変わったタイプのものがありましたので、そちらを使います。

通常は横と下の部分がくっついていますから、ファイルから落ちることはありません。オフィスにおいて便利に使えるものは、下の部分がなくて、横の部分にレールがついています。紙を挟んで、レールを下ろすと、冊子のように固定することが出来ます。こうすると、それぞれがバラバラになりません。不要になればレールを上げれば簡単にはずすことができます。そのままシュレッダーにかけることもできます。何度も再利用が可能です。

 比べてお得!