オフィスで役立つクリアファイルのまめ知識

複数ポケットつきのクリアファイルをオフィスで使う

オフィスで役立つクリアファイルのまめ知識
書類の原本を管理することがあります。こちらは原本なので、何かで使うときはコピーをすることになります。オフィス内における申請などのときに利用することになります。原本ですから、できればあまり汚くしたくありません。そのままにしておけば、どうしても汚くなりがちです。自然にしているだけで、紙が反ってきたりします。水に濡れればしわがよることもあります。汚れなどから守るように、保護しながら保管をしなければいけません。

そのときには、クリアファイルを利用します。使った後にすぐに戻しておけば、折れ曲がりや、汚れなども心配する必要がありません。水滴なども、少し落としたくらいであれば、ファイルの部分でガードしてくれますから、その部分がにじんだり、しわがよることもないのです。ただし、普通のものだと、一つのファイルで一枚ずつ管理するのは面倒です。そのように管理している書類が数枚から10数枚ある場合、バラバラになってしまうことがあります。

そこで、複数ポケットのあるタイプを利用します。10のポケットが付いているものなら、10種類の書類の保管をすることができます。1枚1枚保管が出来るので、内容も取り出さずにわかります。探すときに直接書類を触りませんから、汚くなりにくいです。書類を新しく更新するときも、ポケットから取り出して、すぐに入れ替えることが出来ます。しばらく旧書類を入れておくことも出来るので、いくつかの申請に対応することができます。

 比べてお得!