オフィスで役立つクリアファイルのまめ知識

オフィス用品はクリアファイル1枚でも役員決裁

オフィスで役立つクリアファイルのまめ知識
今はどこの企業もオフィス用品の節約に取り組んでいるのではないでしょうか。景気の影響だけでなく、ゴミを減らす、資源を大切にする、という観点から儲かっている企業でもオフィス用品は極力使いまわし、新品は買わない、という方針に転換してきていると思います。それはとても良いことだと思いますし、従業員も協力すべきだと思いますが、何事にも限度というものがあります。あまりやり過ぎて仕事に支障がきたすようではいけません。無駄はなくすべきでしょうが、必要なものは買えば良いと思います。従業員が仕事で使うものまで自前で持ってくるように要求するのはやり過ぎではないかと思っています。

私は今自動車メーカーで働いています。軽自動車を主に製造している会社です。軽自動車は利益が少ないので、経費削減には特別力を入れている会社だということは、入社前から知っていました。しかし実際には想像以上でした。ボールペンやはさみ、ホッチキスに消しゴムに至るまで会社では一切買ってもらえません。社会人の常識として持ってくるのが当たり前だから、ということです。そして困ったのがクリアファイルが大量に必要になった時です。モーターショーでお客様に渡すパンフレットを入れるクリアファイルが大量に必要になりました。しかし社内には使い古しか粗品でもらったもの、下請けの名前が入ったものしかありません。数百枚単位で必要なのに、オフィス用品の購入には例外なく役員の承認が必要で、間に合いそうになく往生しました。そこまでして初めて節約の効果は出るのかもしれませんが、臨機応変も大切です。

 比べてお得!